負担感なし! 肌をケアしてキレイ見え すっぴんパウダーをファンデ代わりに

すっぴん生活をしたいけど、肌のテカリや色ムラが気になるなあ。肌に負担をかけずに、きれいに見せる方法はないかな?

こんにちは、でこぺんです。
ファンデーションをやめて半年以上経ちました。私はファンデーションの代わりにすっぴんパウダーを愛用しています。

この記事で分かること

  • すっぴんパウダーのメリット&デメリット
  • すっぴんパウダーの使い方
目次

すっぴんパウダーとは

すっぴんパウダーとは、すっぴんをよりきれいに見せるために、スキンケアの最後に使用するものです。肌への負担が少なくスキンケア効果があるため、「つけたまま寝られる」などのコピーで販売されています。

ナイトパウダー、スキンケアパウダーなど、メーカーによって異なる名前で呼ばれることもあります。

すっぴんパウダーのうれしいメリット

肌への負担のなさとスキンケア効果から、夜用として販売されることも多いすっぴんパウダー。ファンデーションをやめた肌の日中用パウダーとしても優秀で、私はファンデーション代わりに使っています。

テカリやべたつき、色ムラを抑える

すっぴん肌で気になるのがテカリやべたつき、そして色ムラ。スキンケアの最後にすっぴんパウダーを軽くつけることで、テカリやべたつきを抑えたり、色ムラをカバーすることができます。

自然なツヤ感

すっぴんパウダーの塗りたてはマットな感じです。そこに自然に皮脂が分泌されて、時間とともに自然なツヤ肌になります。

ファンデーションを使っていた頃は私はオイリー肌だと思い込んでいたのですが、すっぴんパウダーにしてからは過剰なテカリがなくなりました。

くずれにくい

ひと夏使い続けてわかったのですが、すっぴんパウダーって化粧崩れしにくいんです。

真夏にファンデーションを塗って汗をかくとドロッと崩れることがありますが、すっぴんパウダーは薄付きだからかドロドロ感がだいぶ軽減されます。

汗のベタベタはもちろんありますが、お昼にすっぴんパウダーを軽く付け直すことでかなりさらりと過ごすことができました。

スキンケア効果

元々お肌のケアのためにつくられているので、塗っていても負担感がないうえに、商品によって色々なスキンケア成分が配合されています。私はファンデーションをやめてすっぴんパウダーにしてから、毛穴が詰まりにくくなりました。

保湿や殺菌作用、美白など商品によって特徴があるので、ケアしたい点に合わせて選ぶとよいと思います。

きれいに見せながらスキンケアできるの嬉しい♪

すっぴんパウダーのデメリット

すっぴんパウダーを愛用するなかで、デメリットを挙げるとするならば次の2つです。

カバー力はファンデーションに及ばない

すっぴんパウダーは薄付きなので、ファンデーションほどのカバー力はありません。しっかり肌をカバーしたい場合には物足りなさを感じると思います。

私は薄付きが好きなので、むしろうれしいポイントでした。薄いとはいえ色ムラはカバーできますし、肌に負担がかからない所が気に入っています。

日中は日焼け止めとの併用推奨

すっぴんパウダーは元々ナイトケアを想定しているため、UVカット機能のないもの(あってもSPF値が高くないもの)が多いです。日中の使用では日焼け止めと併用することをおすすめします。

私は、室内多めの日はSPF30~40、室外多めの日にはSPF50の日焼け止めを下地として使っています。

個人的おすすめはクラブ すっぴんホワイトニングパウダー

すっぴんパウダーの一例として、私が実際に使っている「クラブ すっぴんホワイトニングパウダー」をご紹介します。ほかにも色々なパウダーを試しましたが、結局このパウダーに戻ってきて愛用品になりました。

クラブ すっぴんホワイトニングパウダーって?

プチプラでコスパ&性能良し。朝つけたてはマットな質感で、ちょっと白いかなと感じますが、1時間後くらいにはなじんで適度なツヤ肌に落ち着いてきます。

おすすめポイント

  • パウダーがさらりとしてマスク生活にぴったり
  • 皮脂と馴染んで健康的なツヤ肌に
  • パフが大きく厚みがあってなめらか、洗ってもヘタりにくい
  • うれしい美白成分配合
  • 「洗顔不要、つけたまま寝られる」の安心感

注意点

  • コンパクトタイプではなく、ねじって開ける(ニベアの青缶的な)缶タイプ ※パフは缶の中に入れられます
  • 鏡はついていません

私は洗面台の鏡を使っていますが、手元の鏡でパウダーを使いたい場合はコンパクトミラーを用意すると便利です。

2021年秋、無香料タイプのすっぴんパウダーが発売されました。香りが苦手という方におすすめです。

すっぴんパウダーの使いかた 私の場合

私のすっぴんパウダーの使い方はこんな感じです。

  1. 洗顔&スキンケア
  2. 日焼け止め
  3. すっピンパウダー

  • 必要に応じて日焼け止め&すっぴんパウダー重ね塗り(私は夏の汗べたつきが気になる日のみ)

  • 洗顔&スキンケア(すっぴんパウダーなし)

もともとナイトケア用のパウダーでしたら、もちろん夜もつけても大丈夫です。クリームを塗ったあとのべたつきが軽減されますよ。

おわりに

スキンケアしながら肌を見せてくれるすっぴんパウダー。カバー力はファンデーションには及びませんが、素肌にやさしくきれいと肌の健康を両立することができます。

すっぴん生活はしたいけれど、いきなりファンデーションをやめるのはちょっと…という場合には、とても頼りになるアイテムだと思います。

ファンデーションなしで気持ちよく暮らしたいかたに、何か参考になればうれしいです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

この記事を書いた人

はじめまして、でこぺんと申します。
当ブログをご覧いただきありがとうございます。

2児の子育てをしながら、本と子どもに関する仕事をしています。日々をリラックスして楽しくすごすためのお役立ち情報を発信しています。

ブログランキング参加中です

目次
閉じる