折り紙3枚で簡単!動くはらぺこあおむし 読み聞かせをもっと楽しく

子どもと一緒に楽しめる、簡単な工作はないかな?

この記事では、キュートで可愛いはらぺこあおむしの作り方を紹介します。

6回折りで完成する簡単なパーツをつなげていくので、小さなお子さんや折り紙が苦手なかたにもおすすめです。

くねくね動かせるので、作ったあとにも楽しく遊べますよ。

こちらの折り紙は、エリック・カールさんの絵本「はらぺこあおむし」をモチーフに作らせていただきました。ここに出典を明記します。

出典 「はらぺこあおむし」エリック・カール作・絵(偕成社 1976年)
目次

あおむしくんの材料

用意するものはこちらです。

  • 色画用紙または折り紙(あおむしのかお用)
  • 折り紙3枚(あおむしのからだ用)

使う道具はこちらです。

  • はさみ
  • のりまたはボンド

それでは作ってみましょう。

写真つきでお伝えしますので、画像が多くなりますことを了承ください。

パーツを折ろう

まずは、からだのパーツを折っていきます。

1 折り紙を4等分する

折り紙をそれぞれ4等分します。小さな折り紙が12枚できました。

2 小さな折り紙を2グループに分ける

1の工程で切った小さな折り紙を、2つのグループに分けます。1つのグループに各色2枚ずつ、合計6枚ずつになりますね。

3 パーツを折る

①→②→③の順に折ります。③までは、AグループもBグループも同じ折り方になります。

④の工程は、AグループとBグループで折り方が違います。

  • Aグループは、右側をうらへ左側をおもてへ折ります。
  • Bグループは、右側をおもてへ左側をうらへ折ります。

おつかれさまでした。これでパーツの完成です!

次はパーツをつないでいきましょう。

パーツをつなぐ

パーツを、A・B・A・Bのように交互に組んでいきます。ふたつのパーツを組んだ時に、外側のパーツのぴらぴらを、内側のパーツに折り込むような形です。

パーツは数を増やしても減らしても大丈夫です。ここがあおむしくんの体になるので、お好みの長さまでつないでください。

あと少しで完成ですよ!

かおをつくる

かお用に準備していた色画用紙などを使って、顔のパーツを作ります。形がいびつになっても、それもいい味になるので自由に切り貼りしてくださいね。

かおが完成したら、先ほどつくったからだと貼り合わせます。

できあがり

おつかれさまでした!これでかわいいあおむしくんの完成です。からだの部分をくにゃっと動かしたり、伸び縮みさせたりして遊んでみてくださいね。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

この記事を書いた人

はじめまして、でこぺんと申します。
当ブログをご覧いただきありがとうございます。

2児の子育てをしながら、本と子どもに関する仕事をしています。日々をリラックスして楽しくすごすためのお役立ち情報を発信しています。

ブログランキング参加中です

目次
閉じる