第一回 繊細さんの絵本棚『まっくろ』高崎 卓馬・作/黒井 健・絵

繊細さんの絵本棚1「まっくろ」
  • URLをコピーしました!
でこぺん

「繊細さんの絵本棚」は、HSP特性ありの学校司書でこぺんが、HSP&HSCさんにおすすめしたい絵本を紹介するコーナーです。

はんぺん

第一回目の今回は
『まっくろ』
高崎 卓馬・作/黒井 健・絵
をご紹介します。

目次

『まっくろ』は こんな絵本

学校の教室で、絵をかく時間。
先生は言いました。

「みんなのこころにうかんだことを かいてみましょう」

電車やお花、みんながカラフルな絵をかく中で、ひとりの男の子は画用紙をまっくろに塗りつぶします。心配する周りの目も気にせずに、夜になっても次の日になっても、何枚も、何枚も…。

まっくろくろくろ まっくろけ。
まっくろくろくろ まっくろけ。

男の子は、まっくろの紙たちをつなぎあわせました。そこには、なにが見えたでしょうか。

まっくろ(講談社の創作絵本)
作 高崎 卓馬(たかさ きたくま)
絵 黒井 健(くろい けん)
発行 講談社/サイズ A4判36P

おすすめポイント

ほんとうは、別の絵をかきたいけど。笑われたら恥ずかしいから、みんなとおなじ赤いお花をかいた。

ほんとうは、のんびり空を見ていたいけど。ひとりになるのはイヤだから、みんなと一緒におしゃべりしてた。

そんな経験はないでしょうか。私は、あります。

誰の目も気にせずに、思うまま画用紙を黒に塗りつづけた男の子。

その黒は、どこかあたたかく、やわらかく、やさしい色をしています。

男の子が、心のままに色を塗りつづけたからこそ、出会うことができたもの。それが何だったのか、ぜひページをめくって一緒に見つけてもらえたらと思います。

でこぺん

男の子が、淡々と、でもブレない心でまっくろに塗っていくのを見ていると、ああ、私も私のままでいいんだなあと励まされるような気持ちになります。

いつもありのままでいられるわけではないけれど。

周りに合わせるのにつかれてしまった時や、心のままにいてもいいんだと思い出したい時に、手に取ってほしい一冊です。


繊細さんの絵本棚 第2回目では、ヨシタケシンスケさんの『なんだろう なんだろう』をご紹介する予定です。また読みに来ていただけたらうれしいです。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして、でこぺんと申します。
当ブログをご覧いただきありがとうございます。

2児の子育てをしながら、本と子どもに関する仕事をしています。日々をリラックスして楽しくすごすためのお役立ち情報を発信しています。

ブログランキング参加中です

目次