深まる秋に 紅葉&おちばの絵本 年齢別おすすめ紹介

こんにちは。でこぺんです。
今回は、深まる秋にぴったりの紅葉&おちばの絵本をご紹介します。

読み聞かせや、秋のあそびのヒントにもおすすめです。

こんなかたにおすすめの記事です

  • お子さんと絵本を楽しみたい方
  • 絵本の読み聞かせをしたい方
  • 大人も楽しめる絵本をお探しの方
目次

0~3歳におすすめ 紅葉&おちばの絵本

ばけばけはっぱ

藤本ともひこ

ここが楽しい!

「いるよ いるよ。はっぱのなかに だれかがいるよ。」落ち葉のなかにかくれているのは、はっぱで作った動物たち。「ふーって ふいてみて」の言葉にさそわれてふーっとすると…。
「いたね いたね」かくれていたのは、たぬきさんやうさぎさん。お子さんといっしょに「ふーっ」としてみてください。

おちばの動物たちを、まねっこして作ってみるのも面白そう。

公園でおちば拾いも楽しいね。

さわさわもみじ

ひがしなおこ 作/きうちたつろう 絵

ここがおすすめ

さわんさわん、さわさわさわ、ひゅるるるるる。これは、もみじたちが空へ飛び出していく音。ぽとん ことん ぽとん。これはどんぐりのおちる音。
まるでそこに本当の風がふいているような、秋の空気を感じられる絵本です。だれかの顔にくっついてみたり、タイヤのうらにかくれてみたり。もみじたちの楽しい秋が伝わる一冊です。

3~5歳におすすめ 紅葉&おちばの絵本

いまはあき

ここがステキ

秋の楽しみをぎゅっとあつめたアルバムのような、ちいさな絵本。「あきは いちばん すてきなきせつ」。冒頭のことばのとおり、おちばやりんごの収穫、木の実拾いやハロウィンなどの楽しい場面がつづきます。「ゆたかな みのりを ありがとう」と、自然への感謝も描かれています。

大人にもおすすめ

外国の雰囲気を感じる手のひらサイズの絵本は、お部屋に飾るのもすてきです。かんたんで短い文章ですが、だからこそ想像する楽しさも。秋のひとときや小さなころの思い出に、思いを巡らせてみるのもいいですね。

秋のお部屋のインテリアとしてもおすすめです。

おちばいちば

西原みのり

ここが楽しい!

さっちゃんが幼稚園でつくった、どんぐりのおうまさん。ぱっかぱかと歩き出したどんぐりうまはをおいかけて、迷い込んだのはおちばいちば。ここでは、どんぐりのぼうしがお金です。「くーださいな、くださいな」おちばのかさや、おちばのランプ。かわいらしいいちばを、お子さんといっしょに楽しんでみてくださいね。

つよい風がぴゅーっとふいて、あっとおどろくラストです。

小学生におすすめ 紅葉&おちばの絵本

木の葉つかいはどこいった?

マリア・モリ 作 / 小川文 訳

こんなお話です♪

秋になるとやってくる、木の葉つかい。長いマフラーをたなびかせ、葉っぱたちにすてきなとびかたを教えます。ところが今年は、いつまで待ってもやってきません。
待ちくたびれた葉っぱたちは、ついに自分たちの力で動き出します。「まだ みたことのないところへ いってみたいの。」

勇敢な葉っぱたちは、どんな秋をすごしたかな?

もりのかくれんぼう

ここが楽しい!

お兄ちゃんと家まで競争していたけい子がまよいこんだ、金色の秋の森。どこからか聞こえる声の主は、もりのかくれんぼう。だけど姿が見えません。「おいら、かくれんぼがとくいだからね。」
けい子と森の仲間たちのかくれんぼ、これがなかなか見つからないのです。美しいだまし絵の森で、一緒に動物たちを探してみてくださいね。

小学3・4年生くらいでもなかなか全部は見つけられないほど、上手にかくれていますよ。

おわりに

紅葉やおちばのきれいな季節って、案外あっという間ですよね。その時にしか味わえない秋の雰囲気をぜひ、絵本と一緒に思いきり楽しんでくださいね。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

この記事を書いた人

はじめまして、でこぺんと申します。
当ブログをご覧いただきありがとうございます。

2児の子育てをしながら、本と子どもに関する仕事をしています。日々をリラックスして楽しくすごすためのお役立ち情報を発信しています。

ブログランキング参加中です

目次
閉じる