秋のおいしい読み聞かせ いもほり&やきいもの年齢別おすすめ絵本

でこぺん

こんにちは。でこぺんです。
秋といえばおいしいやきいも。今回は思わずおいもが食べたくなるような、楽しいおいもの絵本を紹介します。

はんぺん

いもほりのあとに読んだらとっても楽しかったよ。

目次

【0~3歳】おすすめ おいも絵本

おいもさんがね…

ここがおすすめ♪

おいもさんたちが、地面から顔をだしました。つるをひっぱって、よいしょ。よいしょ。いつものいもほりとちょっとちがうのは、おいもが自分でいもほりしているところ!
「すっぽーん」とほりだされたおいもたちはごろごろ転がって、水に落ちてしまいました。でも、「しんぱいごむよう!」赤ちゃんから楽しめる「おいしいともだち」シリーズ7作目です。

さつまのおいも

こんな絵本だよ♪

「おいもは つちのなかで くらしています」「ごはんもたべるし はもみがきます」「トイレにもいくし…」ん?んん!?そ、そうなの!?ちょっと意外でなにやら楽しそうなおいもの日常
おいもの日課はトレーニング。何のためにって?来たる日の勝負のためです。誰と勝負するのか、一緒に読んで盛り上がってください。読み聞かせにもおすすめな、「ピーマン村の絵本」シリーズの1冊。

【3歳~5歳】おすすめ おいも絵本

おもいおいも

ここがおすすめ♪

見るからにおおきなおいも。えっさ ほいさ おもい おいも♪重たいおいもを運んでいたら… ぷっ。…ぷっ、すーう。あまりにおいもが重すぎて、ついついおならがでちゃいます。
それを聞いたおいもさん、「重い重いってひどいわ」となみだ。そこでみんなはおいもをだいじに運んで、落ち葉のドレスも着せてあげて、うっとりぴかぴかのやきいもさんに仕上げます。おいもさんのナイスなキャラと、みんなのかけ声が楽しい一冊。

いもいも ほりほり

ここが楽しい♪

読み聞かせで毎回盛り上がる一冊。幼稚園~小学校低学年におすすめです。
空の雲を見ていたら、やきいもに見えてきたぶたくんたち。さつまいもをさがしに出発します。「いもいもほりほり いもほりほり」のかけ声は、子供たちと一緒に読むと楽しいですよ。畑には個性豊かな面白おいもがいっぱい。どんなおいもが掘れるでしょうか。

ぶたくんたちの、のんびりした口調がいい感じ。私にとっては、息子がはじめて「自分で読む~」と読んで聞かせてくれた思い出の絵本です。

【小学生~】おすすめ おいも絵本

ねずみのいもほり

こんな絵本だよ♪

「14ひき」シリーズでおなじみ、いわむらかずおさんの絵。細かいところまでじーっとみていたくなる、優しくて美しい自然描写は、幼稚園年長の息子もよく開いてみています。
7ひき兄弟のネズミたちがいもほり大会にチャレンジ。いちばんを目指してがんばります。掘れたのは、大きな大きなおいも。重たくって運べません。どうやって持ち帰ったのか、一緒に想像してみてくださいね。

ばばばあちゃんの やきいもたいかい

こんな絵本だよ♪

物知りで豪快で、面白い遊びをつぎつぎ思いつく、みんな大好きばばばあちゃん。落ち葉を集めてやきいもを大会します。とはいえ、ただのやきいもで終わらないのがばばばあちゃん。子供たちがもってくるもの何でもやいて、みかんやりんご、おもちにマシュマロ、なんでもありの「なんでもやき大会」に。
簡単には焚火ができない時代ですが、絵本の中なら思い切り楽しめます。こんなおばあちゃんがいたら、楽しいだろうなあ。

読み聞かせや親子の絵本の時間に、参考になればうれしいです。年齢別に紹介しましたが、どの絵本も絵が楽しく、何歳からでも楽しめる作品です。読書のきっかけにもおすすめです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

この記事を書いた人

はじめまして、でこぺんと申します。
当ブログをご覧いただきありがとうございます。

2児の子育てをしながら、本と子どもに関する仕事をしています。日々をリラックスして楽しくすごすためのお役立ち情報を発信しています。

ブログランキング参加中です

目次
閉じる