【SDGs】陶器をおしゃれにリサイクル トウジャRe簡単アクセサリー

割れた陶器って捨てるしかないのかなあ。気に入って使っていたから、何かに再利用できたらいいのにな。

おしゃれに再利用する方法があるよ。アクセサリーやタイルに生まれ変わって、また使うことができるんだよ。

この記事で分かること

  • 割れた陶器をアクセサリーやタイルに再利用する方法をお伝えします。
  • 割れた陶器を砕いて研磨した、トウジャRe(とうじゃり)という素材を使ったワークショップの時の体験談です。
目次

陶器をおしゃれにリサイクルしたい!

お気に入りのお皿やカップが割れてしまうとショックですよね。金継ぎなどのスキルもない私は、割れた陶器は泣く泣く処分してきました。

今回出会ったのは、割れた陶器を砕いて研磨した、トウジャRe(とうじゃり)という素材。こちらを使って作品を作ることで、陶器をまた別の形で生まれ変わらせることができます。

ワークショップに参加してきました。その様子をお伝えします。

トウジャRe(とうじゃり)を使ってリサイクル

トウジャRe(とうじゃり)を使ってリサイクル

この、手前の破片のようなものがトウジャRe(とうじゃり)です。

トウジャReって?
  • 割れた陶器を粉砕機で砕いたものです。
  • 粉砕の過程で断面が研磨され、触っても危なくない丸みのある仕上がりになっています。
  • 東日本大震災で大量に割れた陶器の再利用方法として、NPO法人MCAAにより考案されました。
  • MCAAは(エムシーエーエー/Mashiko Ceramics and Arts Association)の略です。

写真上部に写っている六角形のタイルも、トウジャReを使って作られたものです。

ブローチを作ろう

トウジャRe(とうじゃり)を使ってリサイクル
  1. 小さめのトウジャReを選ぶ。
  2. トウジャRe同士をボンドで接着する。
  3. 裏面にピンを接着する。
  4. できあがり!
トウジャRe(とうじゃり)を使ってリサイクル

こんな感じにできました。好きなパーツを選んだら接着するだけなので、小さなお子さんも一緒に楽しめると思います。

ビーズや天然石などを組み合わせてもいいね♪

アクセサリーを作ろう

  1. ブローチの時のトウジャReよりも、さらに小さいものを選ぶ。
  2. レジンとトウジャReを型に入れて硬貨させる。
  3. 好みのアクセサリーパーツを付ける。
  4. できあがり!

いくつかの色のトウジャReを組み合わせるときれいです。ネックレス以外にも、パーツ次第でイヤリングや指輪などにもアレンジできますね。

おわりに

職人さんが手間暇かけて焼き上げた陶器。割れてしまった陶器を捨ててしまうのではなく、再利用する道があるということを知れてよかったです。トウジャReを使用した他の作品は、MCAAフェイスブックのほか、土祭公式ページで見ることができます。

夏休みの工作にもいいですね。子供たちと一緒に作れば、ものを大切にすることを伝えられそうです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

この記事を書いた人

はじめまして、でこぺんと申します。
当ブログをご覧いただきありがとうございます。

2児の子育てをしながら、本と子どもに関する仕事をしています。日々をリラックスして楽しくすごすためのお役立ち情報を発信しています。

ブログランキング参加中です

目次
閉じる